2010年06月12日

queuger(クージェ)の色々な使い方

ケースに入ったままのqueuger(クージェ)

グッドデザイン賞を受賞しているqueuger(クージュ)を色々場面で使えるのか検証してみた

queuger(クージェ)

アルミニウムの内芯をゴムでコーティングしてある。自在に折り曲げて好きな形のままで保持できるので、色々な場面で使える。表面のゴムは、自転車のハンドルのゴムに近い感触。

早速色々な場面での使用を試してみます

・カーテンのタッセル(カーテンを束ねる物)代用

クージェをカーテンのタッセル代わりに

カーテンを開けて両端に止めるときは普通のタッセルを使うが、掃除などでカーテンを真ん中で束ねたいときなどにqueuger(クージェ)をタッセル代わりに使ってみた。きちんとカーテンを束ねておけます。


・2つのカバンを1つにまとめて持つ

2つのカバンをqueuger(クージェ)で束ねる

出先で荷物が多くなったとき、1つに持つ部分をまとめて持ちやすくする。

queuger(クージェ)でまとめた

queuger(クージェ)でまとめると持つ部分がゴムですべりにくくなる。カバンなどでは大きなメリットを感じなかった。スーパーのビニール袋などの、重くて指に食い込んでくる系なら大きな威力を発揮する。


・イスに大きなトートバッグを掛ける

2つのクージェをバッグに

大きなトートバッグに2つqueuger(クージェ)を輪にして付ける。イスの背もたれの両角に、queuger(クージェ)を掛ける。

クージェを使ってイスにトートバッグを掛ける

このような感じでイスに掛ける事が出来る。


・肘掛付きイスにバッグを掛ける

クージュを使って肘掛付きイスにバッグを掛ける

肘掛付きイスにバッグを掛けるときが一番簡単。バッグの持つ部分と肘掛部分をqueuger(クージェ)でクルクルと絡ませるだけ。


・本を開いたまま作業したいとき

クージェで本を開いておく

本を開いたまま、文章などを入力したいとき、queuger(クージェ)を使うと便利。好きな形で留まってくれるので、文字に掛からないよう好きな形でストッパーになる。


・引き出物やセミナーなどで手提げ袋の差別化

クージェで目印に

結婚式などの引き出物、セミナーや研修などでの手提げ袋などで全員が同じ物を持っていて打ち上げや二次会に行くと自分の物がどれだか判らなくなりませんか?そんなときに、queuger(クージェ)を持つ部分に撒き付けておけば、一目で自分の物だと判ります。


・カルチャースクールでの場面で

クージェスタンド

2つのqueuger(クージェ)を利用すれば、絵や書道などで乾かしておきたい筆のスタンドとして利用できる。また、色を塗った小物を浮かせた状態で乾かしておきたいときにも便利。

まだまだ使い方はありそう。スーパーで買い物をして複数の買い物袋を持つ部分をqueuger(クージェ)でまとめてから車のトランクに入れれば、買い物袋が運転中にトランク暴れる事も少なくなりそうです。

カバンの中に入れておくと何かの時に役立ちます。




ベルーナではqueuger(クージェ)を16色展開しているのでオススメです

更新日2011年05月16日 17:18   レビュー | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.pleasant-time.com/mt/mt-tb.cgi/554

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?