2010年10月26日

覚醒待ちの柿

覚醒待ちの柿

父親が市場でもらってきた(買って来た訳ではない)渋柿
現在ヘタの部分に焼酎を塗って、渋抜き中
きっと美味しい柿に覚醒してくれるに違いない!

そんな父は今日誕生日を向かえた
昭和22年生まれの父は、平成22年を向かえた事に何か感動していた
夕食を食べに行ったお店でも、SとHの22年をアピールして
お祝いの品をゲットしてたのには、『やるな!』と思ってしまった

その外食で、デザートが佐渡のおけさ柿が出た
実は父親は柿が苦手なのです
子供の頃に、近所の柿をもいでかじったときの渋さがトラウマなのです

それなのに、柿をもらってきて、渋抜きまでする父親
同じ血が流れているけれど、理解出来ない行動です
(-ω-;)ウーン

更新日2010年10月26日 22:31   平凡な日常 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.pleasant-time.com/mt/mt-tb.cgi/652

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)