2011年07月28日

アブラサスの薄い財布はA型心を刺激する財布だ

手に取ってみたアブラサスの薄い財布
薄い財布 abrAsus (アブラサス)

以前週刊誌のDIMEで紹介されているのを見て、ちょっと気になっていたアブラサスの薄い財布。ちょっと高い財布なので、『いいなぁ~ 欲しいなぁ~ 出来る人が持っていそうな財布だなぁ~』と憧れていた。そのアブラサスの薄い財布をプレゼントしてもらいました!
o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

早速使ってみました! レビューしてみました!

■■■ お金とカード類をセットしてみた ■■■
アブラサスの薄い財布

カードは4枚、小銭は一番大きなサイズの500円を置いてみました。
一番心配だったのは、500円玉が本当に入るの?って事でしたが、余裕をもって入れる事ができます。やっぱり、TUTAYAのカードは外せないっしょ!


■■■ 一番心配なのは小銭の容量 ■■■
小銭を入れたアブラサスの薄い財布

お札の厚さなんて、そんなに気にはならないけれど、小銭はどうしても、かさばる。財布に小銭はたっぷり入った方が使いやすいに決まっていると思う。しかし、薄い財布を小銭でパンパンししてしまっては、薄い財布の意味がなくなってしまう。
そこで私は、薄い財布に入れる小銭を決める事にした。500円玉2枚、100円玉2枚、50円玉1枚の計5枚。


■■■ 買い物から帰ってきたときの小銭入れ部分 ■■■
買い物から帰ってきたときの小銭入れ部分""

外からみた小銭入れ部分


1円玉とか多くなって帰ってきたけれど、溢れ出す事は無かった。小銭入れのホック部分を閉めても、少しコインの形が浮き出ているけれど、まだまだ余裕あり!


最初は、『小銭があふれないようにするのが面倒な財布だなぁ~』と思った。しかし、最初に書いたように、家から出るときには、薄い財布に入れる小銭を『500円玉2枚、100円玉2枚、50円玉1枚の計5枚。』と決めたら、すっごい楽しい財布になった。

A型の私は、どうでもよい所で細かい自分ルールを作って守るのが好きな性格なのだ。

今まで財布の中身を管理しようなんて思った事は1度も無かった。毎晩寝る前に、小銭を全部出して、決められた硬貨をセットする作業が・・・なんか楽しい。

今回薄い財布を使い始めてから、貯金箱を使い始めた。出来るだけ500円玉をおつりで貰えるように買い物をするうようになった。
こんな小さな作業が、小さなルールを守るのが、A型の私は楽しいのだ!
このアブラサスの薄い財布はA型心を刺激する財布だ!


日本の革職人が作る日本製の財布であり、薄さにこだわった財布にする為、出来るだけ縫製部分をなした。それによって、1枚革で大部分を作っているからコストが高いそうだ。こだわりがある品を持つと、なんか姿勢がピンっとする気持ちになるから不思議だよね。


■■■ 今までの財布との厚さ比較 ■■■
今までの財布との厚さ比較

今までの財布と厚さを比べてみた。一目瞭然だね!
薄い財布が使いやすいのは間違いないのだけれど、どうしても容量が限られているので、今までの財布と使い分けながらになる。普段は薄い財布を使用して、大きな買い物などでは今までの財布を使うだろう。


■■■ ユーロを薄い財布にセット ■■■
ユーロを薄い財布にセット

海外旅行のときはどうなんだろう?と思って、ユーロを薄い財布にセットしてみた。
1ユーロのコインもOKなんだけれど、紙幣はちょっとサイズが・・・
日本のこだわりのある財布は、日本仕様であって、海外での使用には向かないようです。


アブラサスの公式サイトでは、薄い財布のもっとこだわり部分が紹介されています。
気になった方は是非チェックしてください。



薄い財布 abrAsus (アブラサス) 公式サイトへ

更新日2011年07月28日 12:30   レビュー | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.pleasant-time.com/mt/mt-tb.cgi/759

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)