2011年10月04日

新潟プロレスの旗揚げで思う事

先日新発田市で『新潟プロレス』なる団体が旗揚げして、道場開きオープニングマッチが開催された。(参照:ミルホンネット
新潟日報にも旗揚げ前から記事が出ていて興味があった。元美容室だった所を改装して道場にしたらしい。でも、なぜ新発田市にしたんだろう・・・
( ̄ヘ ̄;)ウーン

まったく所属選手が無名だし、顧問についた富豪2夢路もどれほど有名選手ってわけじゃないよね。
夢ファクやIWAジャパンの旗揚げに行った事があるので、それと比べても・・・見に行きたい魅力を感じない。落ち目の団体になると、3試合ぐらいしかカードが無いのに、ほとんど知らない選手との記念撮影を特典にしたりしたリングサイドが8,000円の料金設定だったりして、『誰がリングサイドなんて買うの?』って思う事もある。

新潟で旗揚げしたのだから、少しは発展してほしい期待があるのだけど、どうなんだろうね。新潟市には手頃な会場が無くなったから、道場マッチが主体になっていくんだろうな~
どうせなら、古町に有る大竹座の空いているフロアーをプロレス会場に使えばいいのになと思う。古町だから場所代が高いのかな?

今回2名の新人をとったらしいので、無理な技をさせないでじっくりと育ってもらいたいね!ヤングライオンのような、張り手、タックル、ボティースラム、ブレーンバスター、ドロップキック主体で試合展開が出来て、最後はボストンクラブでギブアップとれる若手らしい試合ができるようになってほしい。
小さい団体って、観客に受ける為、無理なトップロープからの技を使っちゃうんだよね。そうなっては欲しくない。

更新日2011年10月04日 21:25   平凡な日常 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.pleasant-time.com/mt/mt-tb.cgi/772

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)